新説 妖怪語り 妖怪作家 泰雅-TAIGA-の妖怪小説と、妖怪考察

にわか日本酒レビュー19 緑川 吟醸


2013_05_26_22_22_16

緑川 吟醸 720ml 2100円くらいっぽい 緑川酒造

ファンマラソンの日に「お土産だ~!」と一緒に走った、うちのバンドリーダーからのいただきもの。
知る人ぞ知る新潟の名酒らしい。

マラソンを終え、クタクタの体にムチを打ち「ちょっとだけ・・・」と一杯味見。

おふっ!?爽やかでいて軽い!辛口ではないがすっきりほのかにフルーティ!
おおおおお!キンキンに冷やして飲むとビールいらずだ!
軽快な旨口で3日で恐ろしく減らしてしまった・・・

調べると値段もミドルクラス、ビールのようにゴクゴクは心情的にいけないか・・・無念。

あまりにも美味かったので、父の日の候補としてノミネートしております。

で、リーダーのおじさんも緑川 吟醸魅せられたそうで、その上の大吟醸を買ったそうだが、それは甘すぎてダメだったそうな。(たぶん自分もダメかも)

日本酒は値段じゃなくて好みなんだなと考えさせられた出来事なり。

taiga
ソバジマ タイガ アーティスト/イラストレーター/ミュージシャン コンピューターグラフィックを中心にイラストや抽象絵画を創作。 また、ソロエレクトロユニット「ボディグリッチ」での音楽活動もしている。 東京近辺にて、個展、ライブを精力的に行っている。 趣味はピラティス、映画、アニメ鑑賞。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする