にわか日本酒レビュー59 特別純米酒 生もと 時代


IMG_20140415_211446
にわか日本酒レビュー59 特別純米酒 生もと 時代 720ml 1200円ほど? 株式会社 釜屋

※前回予告した獺祭と勝負した岐阜の地酒は、都合により次回へ。

美人画と富士山という特徴的なラベルが目を引く埼玉の地酒。
渋谷のやまやにて400円ほど値引きされていたので、CDのジャケ買いのごとくラベル買い。
埼玉の酒というとマイナーだが、フロンティア精神あふれる私にとって喜びでしかない!
さて、どんな新しい出会いがまっているのかな?

釜屋という酒蔵は埼玉東部ではメジャーな存在。
http://www.rikishi.co.jp/indexnew.html
有名な銘柄は「力士」
おっと、そういえば大昔関東でCMやってたな!
「りきし~!」の軽快なフレーズは未だに覚えてる。

その酒蔵は最近、古の酒造法、生もとにこだわっているようで、今回の「時代」もそんな一品。

さてお味の方は・・・。

広がる酸味、男らしい泥臭さ、濃厚さがぶわーっー!と押し寄せてくる。
醸してる感が半端ない。
こりゃそうとう昔気質の酒だ!
女子供やミーハーにゃ理解できんフルボディさ。
(飲み手を選ぶ酒とも言える)
大好きだねぇ~これ。
軽いツマミとこいつだけでなかなか幸せな気持ちにさせてくれるわ。
こりゃ本醸造の力士も呑んでみたいねぇ。
(大吟醸と言わないところが通ぽいね♪)

今までの傾向として、海のない県の酒は濃厚で泥臭い味わいのようだ。
流行りの味ではないかもしれないが、こういう酒も存分に楽しめる男でありたいものよ。
(キャー男前!)

【釜屋】釜屋新八 1800ml

【釜屋】釜屋新八 1800ml
価格:2,520円(税込、送料別)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)