【パラオ 4日目 後編】


 

「つい最近、IKKOさんがいらして、ボートをチャーターしてミルキーウェイで4時間泥をかぶっていましたよ~」

 

と移動中に芸能人暴露話をする安藤さん。

 

オネエの美の探究心パネエ!

 

【パラオ 4日目 後編】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

島々の奥地へと進むと、乳白色をした狭い海域到着する。
「ミルキーウェイに到着しました!これから泥をとってくるので、みなんさんは泳いで待っていてください。あと、岩場は危険なので近づかないように」
と言い、バケツを持ってドボン。

 

底が見えないのが恐ろしいので救命具をつけて入浴。
いや~水真っ白!
あ、またもや外人部隊が勝手に岩場に上陸。
「外人は自由すぎるんや!」
大阪人夫妻がまた突っ込む。

 

「準備が出来ました、船に戻って泥パックしましょう~」
バケツいっぱいの真っ白できめの細かい泥!
「全身に塗って~~~!」
女性陣が我先にと泥をつかみ塗りたくる。
男性陣も面白くなって塗りたくる。
前衛舞踏踊れるで~

 

泥を塗った状態で記念撮影。そのまま飛び込むシーンもパシャリ。

P11403462

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

救命具をつけずに落ちたため少し慌てる私。
「兄さん、ここめっちゃ浮きますぜ!あ、ワイが太ってるからかい!」
とそんな私に明るく突っ込む大阪旦那。
「お、おう・・・。」
フレンドリーさに少したじろぐ。

で肌がきめ細かっくなった!と喜ぶ嫁と女性陣たち。
よかったね。

—————————–

昼は昨日と同じガルメアウス島再上陸。
安藤さんがやってきて、二人の写真をたくさん撮っていただく。やることすべてイケメン!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でダイバーの先生とも再開し昨日の感動とお礼を伝える。

—————————–
さあ、

ジェリーフィッシュレイクに行くにはいくつかの制限がある。
入場料は100ドルだ。

そして
1時間前からは日焼けどめを塗り直さない。
ミルキーウェイの泥が塩湖に入らないよう落としておく。

と、厳しい。なにかが交じることによって生態系が変わることがないよう細心の注意を払うのだ。  IMG_20140226_012101~01 「なにやっとるん!あんた、その袋時計もはいってるんやで!」
豪快にバックを海でジャブジャブした旦那にキレる大阪嫁。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA そしてクラゲちゃんに会うためには、さらなる関門が。

恐ろしい角度の坂を上り下りせねばならないのだ。
あまりにもの厳しさに、太った白人女性がクラゲを見ずにリタイヤしたそうだ。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA やたらと段差のある階段を上る。嫁無言。
心が折れる前に下りとなり、なんとか塩湖に到着だ。

クラゲを傷つけない、背面泳ぎを習い静かに湖の中程へ進む。
「いやーーーーーーっ!なにこれーーーーー!」 OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA 単体ではおとなしくてカワイイクラゲちゃん、でもこの数は・・・。
まあ、ここからは自分が撮った動画でもみてくださいよ。

安藤さん曰く、雨が続いたあとの晴れの日なので、日光浴で大量に浮いてきてると。
「今日は大当たりの日ですね!」

この湖の神秘さ、目の前の光景が夢なのか現実なのかな脳がついていけないぜ・・・。

P11403722ちなみにまったく毒がないわけではないらしい。

「唇に足の部分を触れてみてください」
と安藤さんの言われがままに試すと、
「痛い痛い!」

人によってはしびれがなかなか抜けないというので、試すときはご注意を。

—————————–

最後にシュノーケリングポイントのパラダイスへ移動。
砂浜少ないのにどこでやるの?と思っていたら、とある岩島付近にて船からダイブするという。

意を決して飛び込む!ひゃーこれは深い!
誰かが餌付け用のパンを海にバラまくと、魚群がわさわさと集まる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな間近に躍る魚がみれるとは感動よ!OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ここに最大のバラサンゴがあるんですよ~」
お、ここでパラオのガイドブックに書いてあった素潜りのやり方を実践。
L字に体を曲げ、真下めがけて垂直に潜る!
フィンをばたつかせると、おお!面白いように深くいける!

楽しくなって、嫁ほったらかしにしていたら、

「お嬢さん、どないしたんですか?はぐれたん?」
と嫁が大阪旦那に心配されておった(いい人や~)

時間が押していたのか、シュノーケリングは30分ほどで終了、若干消化不良。
明日は帰国・・・うぉーーーもっと潜りてぇ!
今度はシュノーケリングメインでパラオに来なければと、思わずにはいられなかった。

—————————–

ジャイブレストランのある港に帰ってきた。
白いオウムがお出迎え。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

藤さんが、本日めぐった順路をパラオの地図で説明。
で、その説明の中で、我らが行っていない、珊瑚礁の美しいサウスロックアイランドとカープ島のすばらしさを絡めてき、
「サウスロックアイランドのツアーをやっているはうちだけです!次回はぜひ参加してみてください!」
クソッ!なんて営業がうまいんだ・・・さらにさらに消化不良が進行することになってしまった。

イケメンだと思っていたのに騙されたぜ!美人局!

まあ、またパラオに行こうという目標ができたのでよしとしよう~

次回最終回、パラオで一番うまいハンバーガーと、ナショナルミュージアムを紹介します~

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)