新説 妖怪語り 妖怪作家 泰雅-TAIGA-の妖怪小説と、妖怪考察

にわか日本酒レビュー12 どむろく 渓流


310758_1780335248771873_1307245529_n

どむろく 渓流 遠藤酒造場 7合 1180円くらい

一昨日仕事がうまく回らずカリカリしていたため、ヤケな気持ちで
勢いだけで買ってしまったお酒。

以前買った濁り酒「白川郷」が旨かったので、まあイケるだろうと軟派心で飲もうとしたのだった。

軽々しく瓶を軽く振って濁りを均一にし蓋を開ける。

ブシューっ!!

どあっ!なんだこの酒は?!
発泡してるだと?
泡のように吹きこぼれそうなオリにビビる。
恐る恐るおちょこに酒を注ぎぐい呑み。

う、うまい!

まるでフレッシュな果実酒を炭酸で割った感じ。
とても甘いのだか、菊水のふなくちと違いまったくくどくなく、そして深い。

そして発酵炭酸がとても心地良い。

これはね、
いけない酒ですよ。
いくらでも飲めちゃう。

注意として、つねに発酵しているため、冷蔵庫に立てて衝撃のないよう保存し、早めに飲むこと。

この値段でこの味、インパクトもありで、絶対飲んでもらいたいお酒だ!

これがどぶろくってやつなのか。
日本酒の、原点ここにあり。
くーつまいっ!

taiga

ソバジマ タイガ
アーティスト/イラストレーター/ミュージシャン

コンピューターグラフィックを中心にイラストや抽象絵画を創作。
また、ソロエレクトロユニット「ボディグリッチ」での音楽活動もしている。
東京近辺にて、個展、ライブを精力的に行っている。

趣味はピラティス、映画、アニメ鑑賞。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする