にわか日本酒レビュー 岐阜地酒三種 三千盛 美濃菊 大垣城


にわか日本酒レビュー 岐阜地酒三種 三千盛 美濃菊 大垣城
お盆は大雨降りしきる岐阜に帰省。
もちろん一番の目的は、両親に会うことよりも地酒を飲むことに決まっておる!
(親不孝者)

大雨でやられたトマトとキュウリ棚を撤去を手伝い、ヘロヘロで飲む地酒、最高である。
では早速レビューいってみよう!

IMG_20140815_210425
■夏期限定 三千盛 れいじょう 720ml 1524円 三千盛㈱

三千盛(みちさかり)は岐阜多治見で辛口酒を醸す老舗酒蔵である。
http://www.michisakari.com/

この純米吟醸酒「れいじょう」は父のオススメ、さて飲んで見よう。

おお、爽やかフルーティーな吟醸香、そして甘さを抑えた辛口。
だがしっかりと重さもあるのが岐阜らしい。
万人受けしそうな味わい、酒好き達へのおみやげ決定だな。

酒造好適米「美山錦」というのがまた通ぽい。
岐阜の米ではないのが残念。
岐阜の酒屋曰く「岐阜米だともっと値が張りますよ」ってことらしい。
なるほどな。

IMG_20140816_180641
■美濃菊 豊醸 300ml 346円 玉泉堂酒造

兵庫県産「山田錦」を使った養老郡の老舗蔵、玉泉堂酒造の普通酒。
http://minogiku.co.jp/

クセのない味わいの中に濃さが存在する、この濃さが岐阜らしい。
どんな料理でも合いそうな優秀な酒という印象。
テーブルワインならぬ、ちゃぶ台日本酒としてぜひ候補に入れてほしい酒だ。

玉泉堂酒造には、高級酒「醴泉」という有名な銘柄がある。
さぞかしうまいんだろうな~と貧乏人は妄想するのであった。

美濃菊 豊醸 1800ml<玉泉堂酒造(株)>

美濃菊 豊醸 1800ml<玉泉堂酒造(株)>
価格:1,728円(税込、送料別)

IMG_20140816_183534
■大垣城 本醸造 300ml 346円 武内酒造

上記2点の酒は、酒蔵は岐阜だが米は他県だったりする。
だがこの「大垣城」は本醸造なのにガチ「岐阜米ひだほまれ」を使っている。
そういう意味で地元本来の酒の姿を見せてくれるに違いない!

武内酒造も江戸時代からの老舗蔵、その実力を見せてもらおう!
http://www.takeuchi-shuzo.jp/

ああ~キタわ、内陸酒にある男臭さ!
現代人には飲みづらいクセがほのかに香る。
まさにドグサレ辛口。
やっぱ岐阜はこうでなくちゃね。
父は苦手なようで、自分がほとんど飲む始末。
この手は燗にするとクセが和らぎ旨くなるタイプ、甘辛く煮た牛肉なんかと一緒にやりたい感じだ。

自分のおみやげに「栄冠 白真弓」という飛騨の酒を購入。
この感想は後日ということで。
これもなかなか通好みな味、お楽しみに!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)