荒木経惟「写狂老人A」


 

一昨日行った東京オペラシティアートギャラリーでの、アラーキー写真展。
「写狂老人A」
写真撮影自由とのことで、意気込んでみたらいきなり人妻ヌードの列で驚く。
生々しい、あーなんて生々しいのだアラーキーのヌードは。
人間の持つ汚らしくもあり尊くもある剥き出しのエロス。
修正しまくった偽りの美しさのヌードには興味はない、これですわ!
 
ヌード回廊を抜けると、一面に日常風景の断片が並ぶ。
裸婦が被写体じゃない、ただの日常風景なのに所々エロスを感じるのは、常日頃卑猥なことを考えているからに違いない。
アラーキーも僕も。
 
生と性を感じる展示。
9月3日まで。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)