新説 妖怪語り 妖怪作家 泰雅-TAIGA-の妖怪小説と、妖怪考察

パクチーハウス東京に行って来たよ。


image

image

image

image

image

image

image

嫁の計らいにより、誕生日パーティーに噂の!パクチーハウス東京にいってきたよ。

小田急線経堂駅歩いて3分、全ての料理にパクチーが入っているというパクチー好きには堪らないお店らしい。

こじんまりとした綺麗な店内、予約でいっぱいまわりは女子会。
女子力高めだがこういう店は大抵旨いのだよ。

まずはシンハービールとオススメの生春巻きで。
見た目は普通だが、中身にみっちりと詰まったパクチーが強烈。口の中が雑草だ!
マニア大歓喜のダイレクトテイスト、マンゴーソースが甘酸っぱく良い。
しかしこれは序章に過ぎなかった。この後素晴らしい味の旨革命が我々を襲う!

日替わり3種盛りプレート 
タイ風さつま揚げ、揚せんべい、砂肝のピリ辛あえ。
前菜盛合せと甘く見ていた。

さつま揚げ、優勝。パクチーが練りこまれた爽やかでオリエンタルな旨み、これはいくらでも喰える!ぜひ食べてもらいタイわ。

砂肝、パクチーと一緒に頬張るとなんて爽やかなんだ!草臭さが全く気にならず良いアクセント、箸が止まらない!

ドリンクを、パク酒ハイボールに。
ウオッカにパクチーの種を漬け込んだものらしい。
ゲテモノかと心配したが、これもまたミントのような清涼感がマッチしてかなりイケる。

パクチーを豪快にかき揚げにしたパク天。
これは初心者には良いのかな、草臭さが無く軽い食感でパクパク。
嫁は気に入っていたが、ハードコアパクチー信者の私はパンチが足らぬ。

ヤンパク。ラム肉のスパイス炒めと山盛りパクチーを一緒にいただく。
くー!肉との相性バッチリでないかい!
肉とトマトとパクチーがお互いの旨みのみを引き出し食欲をさらに引き上げる!
肉汁とパクチーだけでも酒が進む進む。

締めにパクチースープとハクライス。ハクライスはパクチー根とスープで炊いたもの。
スープはシンプルな鶏だしか?
これをおじやにしてズイっといただく。
あーサッパリして最高だね。
この締めはオススメだ。

デザートもパクチー、抜かりなし。
ジャーベットと塩アイス。
シャーベットはりんごのよう、控えめなパクチー風味が涼やかで美味しい!
塩アイスは、シャーベットと違い濃厚、パクチーがミントの役割をはたしベストマッチ。
甲乙つけ難いねえ。

全ての料理に外れ無し!大満足だわー。

タイフェスで買ったレッドブルTシャツを着てったら店員にタイは良く行くんですかと尋ねられる。

ゴメンなさい、岡タイ旅行者です。
タイ料理好きだし、今日パクチーとバジルをプランターに撒いたけど行ったことないっす。
恥ずかしや〜っ。
パクチーの育て方のアドバイスを頂き、その後下北沢寄って帰宅。

まあそんなこんなで、とても素晴しいお店だ。パクチー狂を名乗るならぜひ足を運んで欲しいですわー。

taiga
ソバジマ タイガ アーティスト/イラストレーター/ミュージシャン コンピューターグラフィックを中心にイラストや抽象絵画を創作。 また、ソロエレクトロユニット「ボディグリッチ」での音楽活動もしている。 東京近辺にて、個展、ライブを精力的に行っている。 趣味はピラティス、映画、アニメ鑑賞。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする